SNS上級者になりたいあなたへ

” インスタ映え “の波に乗る!SNSプロモーションのすすめ

sns_campaign_アイキャッチ

昨今、 ツイッター や インスタグラム を利用した マーケティング が注目されています。
そんな潮流の中で、2017年の流行語大賞候補にもノミネートされた、 インスタ映え という言葉をご存知でしょうか。

” SNS映え ” という言い回しでも使われ、いずれもSNSに写真を載せた時に ”映える” ことを指します。フォトジェニックとも言い換えられ、インスタグラム投稿時にいいねを集めやすいもの、ということです。
昨今では写真撮影をしたからSNSに投稿するのではなく、むしろSNSに投稿するためにSNS映えする写真を撮りに行くことが目的となっている方も多いです。

今回は、

・ インスタ映え や SNS映え が市場に与えた影響

・このトレンドを生かした プロモーション の事例

をまとめました。実際にSNSを運用を行う際にご参考ください。

 

①「 インスタ映え 」「 SNS映え 」が話題になっている理由

まず、なぜ「 SNS映え 」「 インスタ映え 」が話題になっているのかについてご紹介します。端的にお伝えすると「 モノ消費 」から「 コト消費 」へという時代背景が影響しているからです。
インターネットが普及し、オンラインでいつでもどこでもモノが購入できるようになりました。一方で、 小売店 や 百貨店 などの実店舗が閉店するというニュースをよく耳にします。しかし、オフライン市場の縮小が相次ぐ中で体験型の市場規模は現在も拡大しています。
これは、ただモノを手に入れるためではなく、+αの 付加価値 で生活を豊かにしたいというニーズの広がりを示しています。それに応えるような「体験」を提供している市場が拡大しているのです。
まさに SNS映え する写真を撮るためにどこかに行くというユーザーの生活心理そのものだと言えます。

参考:

「モノ消費からコト消費へ」ってどういうコト?定義から注目される背景まで解説|ferret

数字で見るエンタメ産業 「体験型」「参加型」の市場が拡大|事業構想

 

② インスタ映え がもたらす ビジネスチャンス

いま、この風潮が企業や飲食店の商品やサービスに大きな影響をもたらしています。 インスタ映え を狙った 商品 ・ サービス を提供する企業が増え、 外食産業 を中心に  個人消費  を押し上げています。

インスタ映えする写真の注目すべきは、 拡散力 だけでなく、 ユーザー の行動への 影響力 です。8月17日のニュースで『6期連続プラス成長  GDP 押し上げ要因は“ SNS経済効果 ”か』という記事で、このように紹介されています。

「ポイントは 外食 です。レストランなどの売り上げ増加が 個人消費 を押し上げています。外食好調の秘密は、 インスタグラム をはじめとする SNS にあるのではないかと囁かれているのです」(市場関係者)
「 インスタ に アップ するため、わざわざ 旅行 に出かける人もいるといいますから、個人消費の押し上げ効果は無視できないでしょう」(株式アナリストの黒岩泰氏)

引用元:

6期連続プラス成長 GDP押し上げ要因は“SNS経済効果”か|日刊ゲンダイ

では、インスタ映えを求める風潮に応え、見事に話題を呼んだ スポット をご紹介します。

(1)結婚式場が話題のフォトスポットに!原宿のフォトジェニックな壁

1番行きたかったところにももと行けて満足です❤️ #セントヴァレンタイン教会#可愛かった☺️

Emiri Tsuchiyaさん(@emiri.99.22)がシェアした投稿 –


ハッシュタグ投稿数:2225件(2017年10月26日現在)

こちらは「原宿セント・ヴァレンタイン教会」という 原宿駅 ・ 明治神宮駅 近くの 結婚式場 です。写真の ハート の壁は、 日程 ・ 時間限定 で定期的に 展示 されており、毎日見られるわけではないことも人気のポイントの一つです。
本来、挙式を考える カップル 以外は縁遠い 結婚式場 ですが、写真撮影を目的とする人が訪れることで、他の 式場 よりも多く 潜在顧客 との タッチポイント を持つことができます。

(2)ドーナツをドリンクの上に!女性の心を掴むフォトジェニックなメニュー


ハッシュタグ投稿数: 1925件

DUMBO Doughnuts and Coffee(ダンボ ドーナツ アンド コーヒー)は、 麻布十番駅 から徒歩10分に位置する NYスタイル の ドーナツ とこだわりの コーヒー の 専門店 。
ドリンク の容器の上に ドーナツ を載せた写真が話題となっています。シドニーのカフェで人気のメニューが発端となり、この撮り方で人気を集めているようです。
話の ネタ になるような ユニーク な色や形、あるいは流行の 写真 の撮り方が浸透するような メニュー が、 女子大生 を中心にインスタ映えを意識した ユーザー の心を掴んでいます。

 

 

その他のインスタ映えする スポット について興味がある方には、こちらの サイト がオススメです。 SNS映え する 観光スポット を探すためのサイトで、 地域別 ・ 目的別 の検索ができます。

Snaplace

sns_canpaign_snaplace_ インスタ映え

③効果的にSNSプロモーションを行うために必要なのは◯◯だった?!

ここまで、 SNSプロモーション の好事例をご紹介しました。無数にある SNSプロモーション の中で、成功しているケースには、実は共通点があります。

それは、ソーシャルメディアに投稿された情報( UGC )を収集し プロモーション に活用することです。

※UGC(user generated content)とは、ユーザー生成コンテンツ。SNSで投稿されたコンテンツや口コミ、レビューなどを指します。

UGC が注目される理由

①ユーザーの声は広告よりも信用度が高い

②クオリティの高い写真が集まる

③投稿者のフォロワーにもリーチできる

④ユーザーの声を商品戦略として取り込める

“インスタ映え”するコンテンツを用意するだけでは、ユーザーの拡散のみに委ねることになります。 自社 から発信する広告やwebサイトで、 ユーザー の声を盛り込むとより効果的です。

ハッシュタグを使い自社商品の キャンペーン 、 プロモーション を実施する際は、タグの収集、集計や戦略などを一括して依頼できる会社に相談すると上手く ソーシャルマーケティング を成功させることができます。

UGC を収集し、管理できる便利なサービスTagtoruでは、話題のソーシャルメディアプロモーションを最短3営業日で実施可です。

無料相談はこちらから

 

sns_campaign_tagtoru_ インスタ映え

 

まとめ

今回は、インスタ映え ・SNS映えを狙う風潮と、それを利用した プロモーション についてご紹介しました。

①「 モノ消費 」から「 コト消費 」へという時代背景から、 SNS映え する写真を撮ることを目的にどこかに行く消費者が増えている

②「インスタ映え」 を意識した商品や企画が増加。この風潮を効果的に利用するには UGC を収集し プロモーション に活用すること

企業のマーケティングご担当者の皆さんは、「 SNS 」と「 体験 」を掛け合わせて、 SNS を活用してみてはいかがでしょうか。

 

デジタルサイネージ 活用事例に学ぶ、最先端の共創マーケティングとは?

SNSでフォローする