SNS上級者になりたいあなたへ

リツイート機能 がInstagramに搭載【リツイートキャンペーン 】が実現に!

Instagramに リツイート機能 が搭載される予定です。

インスタグラム で SNS マーケティング を行っていると、「フォロワー数が伸びない」「ハッシュタグキャンペーンをしても著しい成果が得られない」「拡散が難しい」という悩みをリツイート機能が搭載されることで 解消する ことができます。

*Twitter の 調査 によると、Twitterユーザーの 66% が「ある企業の商品紹介ツイートをリツートしたことがある」と答え、「ツイートを見てその企業の商品を買った事がある」と答えたユーザーも 83% に上りました。この調査からリツイートによる 拡散力 がどれほどのものか ご理解 頂けたのではないでしょうか。

実は、 Instagram でも 投稿 の シェア をする 機能 が 一部ユーザー向けに 試験的 に 導入 されています。これが 一般ユーザー 向けにも広がれば、 従来 の Instagram ではできなかった シェア&ハッシュタグキャンペーン が可能になり、「ハッシュタグキャンペーンの拡散」「企業の認知」「フォロワー数の獲得」に繋がります。 従来 の Instagram のシェア方法、今後 の Instagram の姿、 ハッシュタグ と シェア を織り交ぜた 新しいキャンペーン をご紹介します。
*参照:Twitter調査

従来のInstagramの投稿のシェア方法:Repost

従来の Instagram には Twitter や Facebook のような シェア機能 は 搭載 されていませんでした。投稿 の シェア を行う場合は 他のアプリ を ダウンロード しなくてはなりません。「Repost」とい アプリ をご存知でしょうか。 シェア の手順は以下の通りです。

①「Repost」をダウンロードし、自身の Instagram のアカウントでログインします。ログインすると以下のような 画面 になります。 投稿 はやや見づらいですが、 Instagram と同じで時系列順に投稿が並んでいます。

リツイート機能

②リツイートしたい 投稿 を タッチ すると以下のような 画面 になります。「Repost」ボタンを タッチ すると自身の Instagram に 選択した 投稿 が シェア される 仕組み となっています。

リツイート機能

以前より「Repost」で シェア する 方法 は 簡単 になってきました。しかし、他のアプリをダウンロードしなければならないので、今でも「面倒臭い」と 認識 されやすいようです。今後 インスタ 内に シェア 機能が搭載される事で、今まで「面倒臭い」と感じていた層のシェアにも期待できます。 Twitter や Facebook のように、 インフルエンサー を起用して、 シェア の 拡散 もできるようになるかもしれません。今後の Instagram の動きにぜひ注目しておきましょう。

今後のInstagramの姿

①Regram機能

Instagram が Twitter や Facebook のようなシェア機能を「Regram(リグラム)」と名付け、一部ユーザーで試していると *TNW で報じました。Instagramでのシェア機能は、ユーザーが長く待ち望んでいた機能ではないでしょうか。手軽にシェアできる機能が導入されれば、多くの人に情報の共有ができるようになります。
参照:TNW

 

②年齢別保有率

2017年10月の調査によると、*現在のInstagramユーザーは日本だけで2000万に達しました。中でも一番多い世代は20代だと言われています。TwitterやFacebookと同様に、若者の間で欠かせない存在になりつつあります。ここで、若者がInstagramに求めている物はいったいなんなのでしょうか。
**MarkeZineの調査によると、以下の調査結果がでました。

1位おしゃれだから(34%)
2位可愛い(32%)
3位画像加工できる(12%)
その他:22%

つまり、“インスタ映え”を意識している答えが6割以上でした。主に女性が多いようですが、化粧品や洋服などのSNSマーケティングは今後Instagramを通した伸びしろがありそうです。
ここで、年代別にユーザー数を見てみましょう。

リツイート機能

参照元:Insta Lab
若者のユーザー数に比べて、50代・60代のユーザーはあまり多いとは言えません。しかし、今後は20代・30代のユーザー数がそのまま50代・60代へとシフトされていきます。世代の広くにInstagramが普及していくでしょう。Instagramを使ったSNSマーケティングを始めるなら、今すぐに準備に取りかかる事をお勧めします。

 リツイート機能 がもたらす拡散・影響力

 

一般ユーザーのTwitterやFacebookのシェアの影響力はどれほどのものなのかを見ていきましょう。方法は冒頭でもお話ししましたが、Twitterユーザーの66%もの人が「ある企業の商品紹介ツイートをリツートしたことがある」と答え、「ツイートを見てその企業の商品を買った事がある」と答えた人がユーザーの83%となりました。このことから、リツイート機能がどれだけ、SNSマーケティングに役立っているのかを見ていきましょう。

InstagramとTwitterの参加者比較

Instagram と Twitter には多くの キャンペーン があり、毎回 多く の 参加者 が商品をかけて、投稿・リツイート・フォローなどをしています。では、双方の参加者の割合は 現在どちら が 多い のか、またどちらの方が 参加 していないユーザーの目に入りやすいかを検証します。

Instagramの場合

リツイート機能

Instagram キャンペーン のほとんどで同じ 参加方法 ・ 当選方法 になっています。手順は下記の通りです。

 

①公式アカウントをフォロー
②「#〇〇」をつけて投稿
③最もテーマにあっている投稿の人に景品プレゼント
事例:2017年9/1〜12/2 ハロウィンキャンペーン:MINTIA (公式サイト)

この キャンペーン も 上記 と 同じ手順 の キャンペーン でした。「#mintiacam」とつけて 投稿する ことが 条件 でした。
では、 参加者 はいったいどの 程度 だったのでしょうか。 ハッシュタグ 検索 数に基づいて 換算 したところ、「#mintiacam」と 投稿した人 は 2017年12月 時点 で 246人 でした。

Twitterの場合

Twitterキャンペーンの 場合 、リツイートと フォロー だけで 参加できる キャンペーン もありますが、今回は Instagram の キャンペーンと同じ方法で参加する キャンペーン を見てみましょう。
事例:2017年夏のビールキャンペーン:クリアアサヒプライムムリッチ

(公式サイト) こちら の キャンペーン の投稿をし、参加した人数は500人以上となっており、リツイート数は、2500リツイートとなっております。
「MINTIA」や「アサヒビール」は誰もが1度は見た事のある商品であり、 認知度 は 限りなく 同程度 です。 認知度 がほどんど同じでも、 Instagram と Twitter のキャンペーンを 見ている人 の 数の差 は 歴然。 リツイート時点 で、 Twitterユーザー の 2500人以上 が 見ているということになります。

Instagramでは、シェア機能がない為に、投稿した人のフォロワーしか知り得ません。リツイート機能があるだけで、キャンペーンの有無を知る機会があります。

今後のInstagramにシェア機能が搭載されるので、Twitterのような拡散力と、影響力を生み出せるのではないでしょうか。

SNS映えするプロモーションについてもっと知りたい方はこちら

” インスタ映え “の波に乗る!SNSプロモーションのすすめ

Instagramのリツイートとハッシュタグを利用したSNSマーケティング

 

上記で掲載した、「MINTIA」のキャンペーン事例を考えてみましょう。Instagramのシェア機能が追加されると、どれだけの参加者が見込めるのか、どんな利益があるのかを考えていきましょう。
シェア機能がない場合(現在)
「#mintiacam」という投稿は246件。少ないとは言えませんが、ユーザー2000万に比べると物足りない感じがします。投稿者のフォロワー数が100人であり、ダブりがないと仮定すると、この投稿のキャンペーンを知った人は(264×100=24600)24,600人となります。

シェア機能がある場合(未来)
「#mintiacam」という投稿は246件。フォロワー数は100で、ダブりがないと仮定します。そこで投稿のシェアが100件あるとします。投稿で見る人は24,600人となり、さらに投稿のシェアで(100×100=10000)10,000人に見られるという事になります。合計34,600人となり、見る人の数の差は歴然。

シェア機能があるかないかだけで、1万人のユーザーの目に入るか入らないかが変わります。今後はTwitterだけではなく、Instagramに搭載されるリツイート機能を利用して、拡散力のあるSNSマーケティングをしましょう。

ハッシュタグキャンペーンはInstagramでよく行われていますが、実際のところキャンペーンの認知度はあまり多くはありません。しかし、シェア機能を利用すればキャンペーン有無の認知から可能になります。認知してもらい、キャンペーンに参加してもらえれば、爆発的なフォロワー数の獲得にも繋がります。インフルエンサーを起用した広告なら、さらに良い結果が得られるのではないでしょうか。

まとめ

従来 の インスタ の 姿 が 変わり、 投稿 の シェア が 可能 になります。インスタ の ハッシュタグキャンペーン は 知る人ぞ知る キャンペーン でありましたが、 拡散 により多くの人に 認知 ・ 参加 してもらい、 フォロワー数 の 獲得 にもつながっていきます。
今後は、「 爆発的なフォロワーの数獲得 」「 リツイート & ハッシュタグキャンペーンのコラボ 」「 拡散 ・ 影響 」を 手に入れる ことができるのではないでしょうか。

 

ハッシュタグを使い自社商品の キャンペーン 、 プロモーション を実施する際は、タグの収集、集計や戦略などを一括して依頼できる会社に相談すると上手く ソーシャルマーケティング を成功することができます。

Tagtoruでは、話題のソーシャルメディアプロモーションを最短3営業日で実施可です。

無料相談はこちらから

SNSでフォローする