ハッシュタグキャンペーンツール「Tagtoru」のオウンドメディア

ハッシュタグをブランディングしてみよう!

 

ソーシャルメディアなどで使われるハッシュタグ。

「#〇〇」の〇にキーワードをつけて投稿すると、自分と同じハッシュタグをつけている投稿が検索できるようになるのが

ハッシュタグです。

 

 

ハッシュタグは共通の趣味を持っている人や、同じ経験を持った人の投稿を見ることができるようになります。

ハッシュタグはもともと共通ソートを探す主旨で使う人が多いのですが、最近変わったハッシュタグを見かけるようになりま

した。

 

しかし、最近Instagramを見ていると普通では見かけないハッシュタグを見かけます。

そのハッシュタグの事例を一部紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この投稿のハッシュタグ、通常使われているハッシュタグとは一見違いがあるんですが、

気づいていますか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの画像はラインでのハッシュタグの使用時の写真です。

1枚目に載せた画像の載ってある投稿とハッシュタグの使われ方が異なっています。

 

1枚目の画像のハッシュタグはその時に思ったことや感じたことをハッシュタグにしています。

通常、ハッシュタグを使うときって投稿数が多いものを使います。

しかし、ハッシュタグを自分だけのオリジナルなデザインにすることでより自己演出することができます。

ハッシュタグをブランディングすることで、自分だけのオリジナルのハッシュタグを作ると自分だけの思い出が増えていきますね。

 

まとめ

現代では、SNSを使って「自分をより演出させたい」「自分を他の人と差別化したい」と思う以外に、投稿が人にどう見られるかまで考えてソーシャルメディアで自己ブランディングをしている人が増えています。
SNSでコミュニケーションをする際、“人に見られるときにどう思われたいか、自分をどういう風に見せていくか”という軸を留意していけば、SNSで一目おかれる存在になっていきます。

また、企業がSNSを通じて一般ユーザーに情報を発信していく際にも、競合他社とは何か異なる軸を持って情報を発信してい

けば、認知度を上げられるようになってきます。

SNSが個を強くしていく場の一環として、ハッシュタグのブランディングは大きな影響を与えていくことでしょう。

 

SNSでフォローする