ハッシュタグキャンペーンツール「Tagtoru」のオウンドメディア

公式ツイッターアカウントの運用で大きな宣伝効果を得る企業とは??

企業の広報担当の皆さまが頭を悩ませている、SNSの運用。

お金を払ってアウトソースしても効果を得られるかわからないし、話題のプレゼントキャンペーンなども費用対効果が見えず決済できない。そんなことで悩んでいませんか?

SNSプロモーションの常識に縛られずに、自社の製品の販促やイメージアップに貢献している企業があります。

今回はいわゆる「中の人」がSNSアカウントを運用し、企業のSNS戦略に寄与するユニークなケースを紹介いたします。

今回、とある「中の人」がバズらせたのは『#円周率ノート』です。

ツイッターのトレンドを席巻したこのハッシュタグは、数量限定のノートの発売前に大きな話題となっています。

「中の人」って?

ツイッターに公式アカウントを持ち活動する企業の中には、センスの良いツイートを行い、日常的にバズを起こしているユニークな企業がいくつかあります。

企業のアカウントを管理し、ツイートを行う社員をツイッターでは「中の人」と呼びます。

今回ご紹介するキングジム様は22万人以上のフォロワーを持ち、コストをかけることなく企業のプロモーションに成功している代表例の一つです。

プロモーション

今回のバズを生んだツイートを見てみましょう。

 

このツイートだけでもバズってはいるのですが、同じく「中の人」が頑張るロフト様が反応し、より大きな盛り上がりを見せることになります。

 

 

このやり取りから「#円周率ノート」が話題を呼び、ネットユーザーたちの中で大きな話題を呼んでいます。

この商品は数量限定で単価も低いため大きなビジネスにはなりません。

しかし、最も大きな成果は「ブランディングの成功」にあります。

この2社の微笑ましいやりとりによって、ユーザーが企業を身近に感じ、多くのファンを獲得しています。

 

今後の広報活動は、SNSを活用したものが必要条件になってくることは間違い無いでしょう。

 

最後に

ハッシュタグやSNSを利用したキャンペーンに興味をお持ちで、「やってみたい!」という企業の方は、

以下のリンクまたは(http://hash-tag.jp/%E7%A7%81%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/tagtoru)より、お気軽にご相談ください。

SNSでフォローする