ハッシュタグキャンペーンツール「Tagtoru」のオウンドメディア

マーケティング戦略ー成果を出す為の行動とは

マーケティング戦略ー成果を出す為の行動とは

ターゲットの絞り込み

マーケティング戦略ではまず初めにターゲットを絞り込む事から始めます。

ターゲットがしっかしりとしていないと、マーケティング戦略が機能しません。

仮にマーケティング戦略を行う際に、ターゲットが絞り込めていないと、多くの時間とお金を無駄にしてしまう可能性があります。

「幅広い層をターゲットにしないと稼げないのでは?」と考えるかもしれません。

もちろんその通りです。

しかし、その段階に至る前に、まずはターゲットを絞り込み、自社の製品やサービスの価値を十分に引き出すことが、マーケティングメッセージの作成の可能性になります。

 

一言で表現できる目標をつくる

あなたはどんな会社を作りたいですか?

と聞かれた時に一言で答える事はできますか?

Wevnalでは『すげえ会社』を作るという目標があります。

目標があれば、あなたがマーケティングをする際に、シンプルな言葉で見ている人にメーッセージを届ける事ができます。

難しい言葉を並べるのではなく、初見の人でもグッと来るようなメッセージを作る事はマーケティング戦略にとって欠かせません。

今すぐにでも、自分の目標を一言で決め、同じようにしてマーケティングにも活かしてみてください。

 

機能や特徴ではなく、メリットを表現する

自社の製品やサービスなどの特徴や機能について話していても結局なにが手に入るのかを視聴者は一番見ています。

自分にとって何が得でなにがいらないかを常に判断しています。

例えば、ある企業が売上を効率よくアップする為のマーケティングソフトウェアの提供をしているとします。

その企業の顧客はマーケティングソフトウェアを購入していますが、本質はマーケティングソフトウェアを欲しているわけではありません。

そのソフトウェアを購入し、その後の自社の売上げの伸びを期待して購入しているです。

つまりマーケティング戦略では顧客が求めるメリットがどこにあるのか、本質はなにかを考えなくてはなりません。

 

自分の競合を明確にし差別化を!

自社のお客様が自社の製品やサービスを買う時に、必ず他の製品やサービスと比較します。

それらがあなたの競合です。

繰り返しになってしまいますが、ターゲットが明確になっており、マーケティングメッセージを強く伝えられていれば、他の会社の製品より買ってもらえる可能性が高くなります。

他社にはない自社の良さとメリットをしっかりと差別化することもマーケティング戦略にとって欠かせないものとなっています。

 

最後に

ベンチャー企業や中小企業は競合との違いを明確にする事が重要です。

自社の目標と、上記で述べた事がマーケティング戦略の成功につながります。

SNSでフォローする