ハッシュタグキャンペーンツール「Tagtoru」のオウンドメディア

【広報担当者必見】Twitterでユーザーの関心を可視化する!2017年スポーツ プロモーション事例3選

昨今、SNS上でユーザー参加型のハッシュタグ投稿キャンペーンが話題になっています。
様々な企業がSNSを利用したプロモーションを行っていますが、ターゲット層から
ポジティブリアクションが得られるキャンペーンはごくわずかです。

ユーザーを楽しませ、ユーザーによる自発的な拡散や商品の購買に結びつけたいのは、広報担当者の
共通の課題ではないでしょうか。

そこで今回は、スポーツのファン獲得を目的としたハッシュタグ投稿キャンペーンや、
スポーツに関するハッシュタグ投稿を利用した事例をご紹介します。

①ハッシュタグで試合を盛り上げる!
スコア予想&応援キャンペーン

初めに取り上げる事例は、サッカーのJリーグ公式ツイッターアカウントが実施したキャンペーンです。2017年7月22日にセビージャFC(スペインの強豪チーム)が来日、鹿島アントラーズと試合が行われました。

このキャンペーンの目的は、試合の注目度を上げて、Jリーグをより盛り上げることでした。

キャンペーンの概要は、ハッシュタグをつけてサッカーの試合結果の予想を投稿すると、抽選で豪華賞品が当たるというものです。

このキャンペーンが大きな注目を集めた要因は、豪華賞品だけでなく、その応募の仕組みにあります。応募と同時に自分のスコア予想をSNS上で共有する仕組みが、ユーザーの参加意欲を掻き立て、SNS上でより効果的に拡散されました。

普段Jリーグを見ない海外サッカーファンがキャンペーンに参加することで、これからJリーグを応援するきっかけになります。

キャンペーンの効果を単発でとどめず、ここで得た新たなフォロワーをさらに惹きつけるような企画に繋げられれば、さらなる効果を見込めるでしょう。

②ツイート促進でプロ野球ファンの心をつかむ!ハッシュタグ収集ツール活用事例

続いてご紹介するのは、有料衛星放送サービスのスカパーが実施したSNS活用事例です。ハッシュタグ付きツイートを促進し、それを収集・公開することで、スカパーの登録者獲得に結びつけています。

 

こちらのサイトでは、プロ野球のセ・パ交流戦の勝敗予想をハッシュタグ付きツイートで収集し、他のユーザーのツイートをまとめて見られるようになっています。ユーザーの投稿が自発的に行われるのは、「自分の予想を開示したい!」という欲求によるものです。

スカパーではセ・パ交流戦全試合を生中継しており、プロ野球への関心が高まると潜在顧客、見込顧客の拡大に繋がります。

勝敗予想の投稿をきっかけに、試合を生中継で見たくなった一部のユーザーがスカパーに契約することがこの施策のねらいです。

 

今回ご紹介したスカパーの契約促進プロモーションは、その場ですぐ契約するように仕向ける直接的なものではありませんが、ユーザーの興味をそそるために効果的な方法が用いられています。

 

ハッシュタグ収集ツールについて詳しく知りたい方はこちら→

Tagtoru タグトル ご紹介

 

③スポーツの認知度拡大と街のイメージアップを一挙に!ハッシュタグを利用したプレゼントキャンペーン事例

 

最後にご紹介するのは、これから認知度・ファンを獲得していきたいスポーツと地域振興のために行われたキャンペーンです。

知名度拡大が大きな目的となるこのキャンペーンでは、SNS投稿を促進するため参加者全員にプレゼントが贈られました。

プレゼントの交換条件として、会場の様子の写真や動画をリアルタイム投稿することが含まれています。SNS上でビジュアルが拡散されることで、リアルタイムで大会の注目を集めることを可能にしています。

このように、認知度拡大を目的とするキャンペーンでは、参加者全員がプレゼントを得られることでハッシュタグ投稿を増やす試みが効果的です。

プレゼントには、横須賀市の名産のジャムや同市のマスコットキャラクターグッズも含まれ、ウィンドサーフィンのみならず、横須賀市のプロモーションも同時に行われていました。

 

まとめ

今回は、スポーツの試合をフックにハッシュタグを利用して行われたプロモーションをご紹介しました。

 

Jリーグのキャンペーンは、類似の嗜好性を持ったユーザーをファンに取り込む施策、
スカパーの事例はもともとファンの多いプロ野球を利用した新規顧客獲得の施策。いずれもユーザーの関心をハッシュタグで可視化し、自然に購買させたいサービスに近づけています。

ウィンドサーフィンの事例は、ハッシュタグ投稿数を増やすことで、リアルタイムで行われているイベントへの集客、認知度拡大に結びつけていました。

 

ハッシュタグを使った施策は、既に注目が集まっているものに紐付けた自社商品のプロモーションとして、またこれから注目度を高めたいものを拡散する手段としても有用です。

イベントやキャンペーンで自社商品のプロモーション時に、ハッシュタグ付き投稿を促進することで、自然にユーザーを引きつけてみてはいかがでしょうか。

SNSでフォローする
関連記事
No articles