ハッシュタグキャンペーンツール「Tagtoru」のオウンドメディア

【わかりにくすぎる!】広告専門用語の解説!〜効果測定編〜

広報活動などを試みる中で聞いたことのない用語がたくさんあって、困った経験が一度はありますよね?

新入社員が増えてきた中で、正確に説明しないと共通言語として機能せず非効率のきっかけになってしまいます。

この機会に復習しておきましょう!

 

  • インプレッション(Imp:Impression)
    広告が表示された回数。
  • インプレッション単価(CPM:Cost Per Mile)
    広告表示1000回当たりの単価。
    CPM=(広告費÷インプレッション数)×1000
  • リーチ(Reach)
    配信した広告が何人に見られたか、配信した広告に1回以上接触した人の比率。
  • フリークエンシー(FQ:Frequency)
    ターゲットユーザーに何回広告が表示されたか示す値。
    ※フリークエンシーキャップを設定することで、同一ユーザーに対する広告表示回数を制限できます。
  • クリック数(Click)
    広告がクリックされた回数。数値が高ければサイトへの誘導数が多いといえます。
  • クリック率(CTR:Click Through Rate)
    広告の表示回数に対してクリックされた比率。
    CTR=(クリック数÷インプレッション数)×100(%)
  • クリック単価(CPC:Cost Per Click)
    広告1クリック当たりの広告単価。
    CPC=広告費÷クリック数
    ※数値が低ければ低単価で効率的にサイトへ誘導ができているといえます。
  • コンバージョン数(CV:Conversion)
    広告を経由して資料請求・会員登録・商品購入などの獲得成果に至った件数。
  • コンバージョン率(CVR:Conversion Rate)
    広告を経由してサイトを訪れたユーザーの内、獲得成果に至った件数の比率。
    CVR=コンバージョン数÷クリック数×100(%)
  • 顧客獲得単価(CPA:Cost Per Acquisition)またはオーダー獲得単価(CPO:Cost Per Order)
    1コンバージョン当たりの広告単価を示し、広告費をコンバージョン数で割った値。
    CPA=広告費÷獲得成果件数。CPO=広告費÷注文件数
    ※CPAまたはCPOが低ければ一般的に投資効果が高いといえる。
  • 広告費用対効果(ROAS:Return On Advertising Spend)
    投資した広告費に対して得られた売上金額の割合を示す。
    ROAS=売上金額÷広告費×100(%)
    ※ROASが高ければ広告が効果的に売上に寄与しているといえます。また、媒体やクリエイティブの違いなどによる広告効果の違いを実際の売上に基づいて比較できます。
  • 投資収益率(ROI:Return On Investment)
    投資したコストに対して生み出した利益の割合。ROI=利益額÷投資した費用×100(%)

最後に

SNSでのキャンペーン施作・運用にお悩みの方は、以下のリンク/・またはSNSサポートツールTagtoruのホームページ より、お気軽にご相談ください。

SNSでフォローする