ハッシュタグキャンペーンツール「Tagtoru」のオウンドメディア

LINEで出会いはストップ!

あなたはLINEのタイムラインの #profile を知っていますか??

 

 

 

以前このサイトでもLINEでハッシュタグが使えると紹介したんですがそれに関して最近問題になっている点について書きたいと思います!

去年くらいに小学生中学生高校生をメインにLINEで面識のない人とLINEで知り合い、やりとりをするというのが流行っていたのをご存知でしょうか?

 

これを書いている私自身は大学生なので流行には敏感で社会に出ている人より学生関連の問題に関しては詳しい自信もあったのですがこのことについては知らなかったです。この問題はスマホやSNSがしっかり世に広まっている今の時代だからこそ起こりうる問題でついていききれないなという印象を持ちましたね、、、笑

 

ですがこの問題についてしっかり調べてみたのでまとめてみます!

 

まずこのLINEのタイムラインで人と知り合うためにタグ付けして使われていた一番有名なワードが #profile です。

LINEのタイムラインに #profile と書いて自分のLINEのQRコードを貼り付けます。そして自分の投稿した #profile をタップすると他の知らない人があげた #profile の投稿を見ることができそこから知らない人をQRコードで追加していくという手順です。

#profile というのはプロフィールという意味で使っているわけではなくみんなこれを書いて自分のラインのQRコードを載せているのであくまでLINEを使って友達を増やしたい人たちの間で使われている暗号のようなものになっていたんです!

 

そしてツイッターで現状を調べてみようと思って #profile   line で検索をかけたらこのことが問題になっているというようなツイートが少し前にあるのとともにツイッターで自分のLINEを拡散しようとしている人までいました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEのタイムラインですら個人情報の観点からしてもかなり危ないんですがツイッターになると拡散力の面ではさらに増していくのでより危険でしょう。

 

今の大学生未満の若い学生ではLINEの友達の多さこそステータスだ、という数至上主義の子たちがあまりにも多い印象です。なおかつLINEでは禁止事項に『面識のない異性との出会いや交際を目的とする行為』という項目があってそれに違反しているんです。もちろん規約に違反しているだけで違法というわけではないので特別悪質というわけではないのですが主に出会いを行おうとしているのが未成年ということを考えるとモラル的な面で控えるべきということですね。

 

LINE自体も問題は把握していて対策をしていくとコメントをしました。

 

学生版出会い系サイトくらいの認識でこれをやっている人がかなりたくさんいるイメージです。実際に学生は年齢の問題で出会い系サイトを使えないので出会いの場を求めてしまうかもしれないのですが学生であればリアルの生活で十分出会いがあるだろうと思ってしまうのは私だけなのでしょうか?笑

 

 

やっぱりLINE公式も対策を考えるくらいなので控えていくべきでしょう。それでもやってみたいという人は何か自分で対策をして個人情報をダダ漏れにすることのないようにしていってください!

最後に

ハッシュタグを利用したキャンペーンに興味をお持ちで、やってみたい!という企業の方がいらっしゃる場合は、

下にハッシュタグキャンペーンツールTagtoruのご紹介をしているので是非ご覧ください。

SNSサポートツール『Tagtoru』

Tagtoruはハッシュタグの付いた投稿をInstagram・Twitterなどから収集し、
お客様のページにビルトインします。

Tagtoruの特長
  • 設置が簡単
  • CSVファイルとして簡単にダウンロード
  • 契約終了後もご利用いただけます
  • 複数のSNSを横断して収集することができる
お申し込みはこちら
SNSでフォローする