ハッシュタグキャンペーンツール「Tagtoru」のオウンドメディア

意外??ハッシュタグNG行為

ハッシュタグについては今までもいろいろ取り上げてきたんですがその中のNG行為を紹介したいと思います。

 

実際ハッシュタグとして表示されてさえいれば明確なNGというものは存在しないのですがマナー的にまた付けることの意味を考えたときにやらない方がいいだろうということです。

さっそく紹介していきます。

・ハッシュタグ付けすぎNG

まず1つ目はハッシュタグ付けすぎNGです。

そもそもハッシュタグ自体はインスタグラムでは最大30個、ツイッターでは140字以内に含まれればいくらでもタグ付けしていくことが可能です。しかしハッシュタグはあくまで本文あってのハッシュタグなので大量のハッシュタグに対して嫌悪感を抱く人も相当な数いるはずです。

 

何個ハッシュタグを付けるのが最適なのかという議論は常にあってどのSNSを使っているかによっても最適個数は変わってくるようです。

調べてみたところインスタグラムは10個を少し超えるくらいつまり11.12個が反応率が一番高くなると分かっているようです。

それに対してツイッターはインスタグラムに比べるとハッシュタグを付ける文化があまりないようで1,2個が一番反応率が良くなるようです。

 

ただインスタグラム、ツイッターともに例外としてはハッシュタグを使ったハッシュタグ文(ハッシュタグ会話)であればかなり流行っていますしたくさんハッシュタグを付けていてもそれで1つの文章になるので慣れている人であれば嫌な印象を受けることはないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハッシュタグを使うのがうまい有名人だと小藪さんは一押しですね!

最初はハッシュタグ1つ1つが独立しているんですが後半の方ではハッシュタグ文になっています。ハッシュタグを使ったインスタグラムのおかげでモデルデビューもしているのでまさにインスタマスターですね!

 

 

・公式に禁止されているNGワードの使用

インスタグラムには公式に禁止されているワードが存在します。それには1つだけでなくていろいろな理由があるようです。

例えば性的な表現や外国で使われているスラングなどはNGにされているしそれに加えて有名すぎるものは付ける意味がないということで禁止されているものもあります。

 

かなり頻繁に出てきそうなもので意外だなと感じるものだと#sexyも禁止にされています。これは性的な投稿によく載せられているという理由で禁止されているそうです。

実際にてきとうな写真に#sexyと付けて投稿したところ投稿自体はできたのですが#sexyで検索しても#sexyというハッシュタグのものは表示されることがなかったので自分が#sexyと書いて投稿したものは自分のフォロワーには伝わるのですが知らない人からの検索に表示されることはないようです。

ただインスタグラムは世界中で使われているので英語のワードはある程度規制が入っているのですが日本語は規制が入っておらず全てのワードが許されています。

 

英語のワードで実際に禁止されているワードを少しあげてみます。

 

NGワード例

#sexy #fuck #bitch # breast #porn #fuckrunning #sexpistols  性的またはスラング

#photograph #popular #goddess #ig #instagram   一般的過ぎて意味がない

 

 

・関係ないハッシュタグを付けない

これは本当にモラル、マナーの問題になってくるんですが画像や本文に書いているものと全く無関係のことを書いてしまうと見ている側からすると意味が分からないし全くの他人が見た場合ハッシュタグ検索をかけて調べても興味のないことが出てきたら嫌ですよね?

面白い投稿やそれで他に意味が出てくるものであれば特別否定はしませんが基本的に好まれることではないですしやめておく方が無難でしょう。

この最後の1点に関しては本当に基本的な大前提の話になってしまったんですがNGポイントは以上ですね。

 

 

おおまかにまとめてみましたが基本的なことも含めてこのNG例を侵さないようにSNSを使っていってください!

 

最後に

ハッシュタグを利用したキャンペーンに興味をお持ちで、やってみたい!という企業の方がいらっしゃる場合は、

下にハッシュタグキャンペーンツールTagtoruのご紹介をしているので是非ご覧ください。

SNSサポートツール『Tagtoru』

Tagtoruはハッシュタグの付いた投稿をInstagram・Twitterなどから収集し、
お客様のページにビルトインします。

Tagtoruの特長
  • 設置が簡単
  • CSVファイルとして簡単にダウンロード
  • 契約終了後もご利用いただけます
  • 複数のSNSを横断して収集することができる
お申し込みはこちら
SNSでフォローする