ハッシュタグキャンペーンツール「Tagtoru」のオウンドメディア

【ツイッター】青いチェックマークのつけ方とは?

普段ツイッターを利用している際に見かけるアカウント名の後の青いチェックマーク。

企業のアカウントの中にも、付いているものとついていないものがあります。

企業の広報の方が運営していることには違いがないのに、どう行った条件があって認証されているのかご存知でしょうか??

今回は認証を受ける方法をご紹介していきます。

認証アカウントとは?

 

このようにアカウント名の右側表示されているものが「認証バッジ」というもので、公式に認証されたアカウントであることの証明になっています。

そもそも認証の対象になるのは著名な個人かブランドのみです。

ということは影響力のつよいアカウントばかりが認証されているということになります。

そして存在する理由は、大量のなりすましアカウントが発生する中で影響力を使ったデマなどが発生することを防止するためです。

つまり、個人の運営する一般のアカウントで認証バッジをつけることは不可能ということになります。

 

逆につけることで、社会的に信頼されたりなりすましアカウントの発生による不利益を被る可能性がなくなるというメリットがあります。

https://support.twitter.com/articles/268350

詳しくは上記の公式サイトをご覧ください。

 

今後は企業のSNSでのアカウント運営についての記事を増やしていこうと考えているのでどうぞご覧ください。

参考ページ↓

http://hash-tag.jp/17211

最後に

SNSでのキャンペーン施作・運用にお悩みの方は、以下のリンク/・または( Tagtoru詳細ページ )より、お気軽にご相談ください。

SNSサポートツール『Tagtoru』

Tagtoruはハッシュタグの付いた投稿をInstagram・Twitterなどから収集し、
お客様のページにビルトインします。

Tagtoruの特長
  • 設置が簡単
  • CSVファイルとして簡単にダウンロード
  • 契約終了後もご利用いただけます
  • 複数のSNSを横断して収集することができる
お申し込みはこちら
SNSでフォローする